music life

今後の出演予定

詳細は個別にお問い合わせくださいませ。 2018.12.16(SUN) 14:00- at けやきプラザ内ふれあいホール 我孫子市民フィルハーモニー管弦楽団 我孫子市民コンサート・37「ウィーン&パリ」 指揮 冨平恭平 J.シュトラウス2世:ポルカ「クラップフェンの森で」op.…

2018年出演履歴

2018.1.21(SUN) at タワーホール船堀 大ホール ラスベート交響楽団 第35回定期演奏会 指揮 小久保大輔 ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲 ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調 op.68「田園」 グラズノフ:交響曲第7…

謹告

たぶんほとんどの人には読まれていないだろうから、こちらにだけこっそりと。 約20年間在籍していたオケを辞めました。 友だちとしては離れたくない人もたくさんいたけど、このことで縁が切れてしまうのは仕方のないことだなと。ほぼ誰にも相談せず、退団届…

2017年出演履歴

2017.1.15(SUN) at 調布市グリーンホール 大ホール 東京トリニティ・コール 第3回演奏会 オルガン 浅井美紀 管弦楽 東京トリニティ祝祭管弦楽団 指揮 木村康人 ルター:讃美歌「神はわがやぐら」 シュッツ:涙とともに種まく人は SWV.378 J.S.バッハ:カン…

2016年出演履歴

2016.2.14(SUN) at 調布市グリーンホール 大ホール 東京トリニティ・コール 第2回演奏会 独唱 糸川絵美、山本彩子、前田ヒロミツ、渡部智也 管弦楽 東京トリニティ祝祭管弦楽団 指揮 木村康人 ジュスマイヤー:アヴェ・ヴェルム・コルプス[降り番] サリエ…

2015年出演履歴

2015.3.1(SUN) at 中井・音楽サロン「パパゲーノ」 クアトロM ヴィオラ・アンサンブル演奏会 ロック:我がいとこケンブルのためのフラット・コンソート ハ短調 ←1st バルトーク:44の二重奏曲より No.3/27/16/32/28/44 ←No.3の2nd、No.27の1st、No.44の2nd …

2014年終了

実はこれ書いてるの、翌日の元旦なんですけどねw まぁ、いいか。 室内楽本番最多記録更新 祝アジア脱出・欧州デビュー 某所で2年連続ベストドレッサー賞受賞 不惑突入 某映画にエキストラ出演(2015年1月の公開を待たれよ) コンサート聴きまくり。プロア…

2014年出演履歴

2014.2.1(SAT) at 幡ヶ谷・アスピアホール 島卓人の野望 〜ゆかいな仲間たち vol.2〜 シュターミッツ:2つのヴィオラのための二重奏曲第4番 ヘ長調 ←これ弾きました(1st) ヴィヴァルディ:トリオ・ソナタ ニ短調 RV 63(op.1-12)「ラ・フォリア」 ハイ…

2014年・夏の陣を振り返る

ああ、ずいぶん放ったらかしにしてしまった(これを書いているのは12月だったりする…)。 だいぶ時間も過ぎてるので、Gオケ以外はまとめてここで。例によって、所属オケ以外については、自分のことだけ。 守谷アンサンブルオケ賛助(6/29) 別項でも触れた…

5シーズンぶり

以前、こんなことを書いた覚えがある。過去記事へは参照しないけど。 アマオケで活動するんだったら、「自分の代わりは誰もいない」ことをアピールできるように日々努力していくのか、「自分の代わりはいくらでもいる」というスタンスで肩の荷を下ろしていく…

HOMEよもやま

先日、大学同期が所属しているオケに賛助出演した。 本番が終わるまではまったく意識していなかったけど、彼らとオーケストラで共演するのはこれが初めてだった。 しかも「今回限り」という条件で乗ったので(活動日時がGオケと丸かぶりなので…)、これが最…

結局こうなった

年明けから、左手&左腕のフォームを試行錯誤していたわけですが。 結論からいうと、年始にやってたのは全部ナシにしちゃいました。 だってさ、あのフォームだと、楽器が下がってしまうのよ。 そもそもびよらはサイズ的にムリがある楽器だから、必ずしもヴァ…

B&O PLAYのヘッドフォン

先日、とある人から誕生日プレゼントとしていただいた。 憧れのBang & Olufsenだぜ! てか、我々小市民でも手が届くカジュアルブランドができたのね。 どうぜならBEoPlay H6!といいたいところだが、さすがにそこまでおねだりはできないのでw、FORM 2のオレ…

2014年・春の陣を振り返る

Fオケ賛助(2/22) 今回が4回目、練習にもそれなりに出席したのに、自分の演奏とオケの演奏がなかなかリンクしないジレンマが…まぁ、こんなこともあるよね。 とくにシベリウスは今まで2番しか弾いたことなかったんだが、なかなか勘所がつかめなくて。シベ…

大阪国際室内楽フェスタ本選@いずみホール

今回の訪阪、最大の目的は、このフェスタの審査をすること。 編成も演奏曲も自由なこの部門のおもしろいところは、一般人を審査員として公募していて、当選すると*1自分の一票が結果に反映されちゃうこと。 ビックリなことに、審査員応募用紙には音楽愛好歴…

大阪国際室内楽コンクール本選@いずみホール

19〜20日の2日間、友人と、大阪国際室内楽コンクール&フェスタの本選現地鑑賞へ。 ハイレベルなプロのコンクール本選を生で聴ける、得難い体験。 旅費をケチったため(往復+ホテルだと、新幹線より飛行機のほうが安いんだよー)、4時半起き(たぶん今年…

エステ管5th終了

今回から、Gオケ以外の所属団体も、反省文(?)はちゃんと単独項にしようかと。 昨シーズンあたりから、ホントに古典が好きな方が年齢層問わず(現役学生からベテランまで)参画。 某大学のOBオケというイメージ(まぁ、今でもメンバーの半数はそうなんだ…

Gオケ96th終了

最近は有名大曲路線なのかと思ってたら、こんな素っ頓狂なプログラムw (某団員による長年のロビー活動の成果だっけ? たいへんおめでとうございました) でも、楽しかったな。パーカッション15名とか(マヤ族の夜)なかなかやる機会ないし。エスタンシアに…

2014年・室内楽冬の陣を振り返る

クァルテット、管&ピアノも含めた室内楽(=<弁天>)、大きめの弦楽アンサンブル(=ゆかいな仲間たち)と、自分がやりたいものが全部レギュラー化かなったところで迎えた今シーズン。<弁天>は12月だったが、残りは2週連続での本番となった。 いずれも…

最近の徒然

まとまらないので、覚書みたいな感じで。 オソロシイことに、演奏活動というのは連帯責任だ。 どこが着地点なのかはオケorアンサンブルそれぞれだけど、足を引っ張る人がいたとしても、その人だけのせいにすることはできない。 だから共演者って大事。 公開…

2014年始動

一週間経ったところで、今年の抱負というかやりたいことというか。 室内楽比率をさらに上げる 現時点ですでに13公演出ることが決まっているのだがw、うち室内楽は確定6で、プラスあと1回増えるかどうか。 この時点で、昨年より室内楽比率はぐんと上がってる…

2013年出演履歴

2013.1.29(SUN) at 新宿文化センター 弦楽合奏団弓組 第3回公演 〜NHKによせて〜 音楽監督/バンドネオン 啼鵬 ゲスト 伊藤大輔 シューベルト:楽興の時第3番 op.94-3 ジャゾット:アルビノーニのアダージョ チャイコフスキー:弦楽セレナード ハ長調 op.48…

2013年終了

まだ数日残ってるが、仕事も大きなものは終わったし、もういいよね。 例年に倣い、1年の総括をば。10こも挙げるのは面倒だから適当に。日記で触れてないネタもあるけど、まぁいいでしょ。 ダイエット成功 のらりくらりとフリーランス生活 初海外「旅行」 ク…

<弁天百暇堂>vol.6終了

毎年締めくくりの開催が恒例となりつつある室内楽プロジェクト。 ここ2回(自分の出演曲は)ドイツ系が続いてたんで、反動(?)で久々に南欧=イロモノしばりにさせてもらいますた。でも、ここ数回ではいちばんおもしろいプログラムになったんじゃないかな…

去る者追わず

夏の陣が全部終わったから書く。 ちょっとアレな内容だから、すぐ消すかもしれない。

Gオケ本番終了

前回が1,500人超え、今回は1,600人超え。いったいどーなってんだ? いや、たくさんの方にご来場いただけるなんて、ありがたいことです。 Gオケって、やっぱりキューちゃんのときがいちばんクオリティが高い演奏になるんだな、というのが正直な感想。 前回ご…

2013年・オケ夏の陣を振り返る

まだホームのGオケを残しているが、3週連続本番というハードワークをなんとかクリアしたので、ここでいったん振り返り。 所属オケ以外については、自分のことだけ。 農大OBオケ賛助(8/17) このごろ、オケにおける自分の弾き方が以前と変わったなと思って…

こだわりブランドその 4:JMAのウォッシュタオル

汗っかきなおいらにとって、必需品はタオルハンカチ。 ハンカチだと心許ないもんで。 だから、うちにはタオルハンカチがたくさんストックされている。 10年以上前から、JMAのウォッシュタオルを愛用している。 手持ちのタオルの半分くらいはJMAじゃないかな…

iPad miniを買った

ネット依存症なもんで、寝る寸前までネットサーフィンやSNSチェックできないとダメなおいら。iPhoneでもできるけど、やっぱり画面サイズが小さいとストレスだよな。 なので、枕元には4年前に買ったネットブックを置いていたのだが、先日とうとうご臨終に。 …

そろそろ本気で

昨年結成したクァルテットのデビュー公演は、先月無事終了。次回公演は未定だが、楽しく続けられそうな手応えを4人で共有できたのはよかった。 一方、メジゾリのスピンオフ的位置付けでアレンジした演奏会も、先日無事終了。こちらも予想通り(?)チクルス…